NHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公である渋沢栄一氏の記念財団の機関紙「青淵」8月号に文章を寄稿させていただきました。

タイトルは「ウッドショックから考える林業の未来~木の文化を再興するには?~」です。

東京・森と市庭 での経験から、林業・木材産業を通じて日本の未来についての展望を自分なりに綴っています。

青淵のオンラインストアから購入できますのでよろしければご覧ください!