皆さま明けましておめでとうございます。菅原(@sugamori2)です。本日は、僕の今年度の活動について。

タイトルにありますが、2020年12月末に次男が生まれたので、2021年2月頃から育休を取得します。(会社は辞めません)

育休期間は約1年間。

2021年は森の営業部長から主夫になります。

初めての本が1月16日頃に出版予定ですが、所属している東京・森と市庭トビムシの業務はリモートに切り替え、1月末までに一旦引継ぎを行い、2月からは育児に専念します。

理由はコロナ禍によって育児にかかるストレスが増加しているため、夫婦で分担して一人あたりの育児負担を少しでも軽くすることが目的です。

僕の場合は一人目の時から育児に全力を注いでいましたが、1歳半くらいでようやく育児が少し楽になったかな?と感じる瞬間がありました。

そのため、1年間という期間を設定し、会社の皆さんにもご理解いただいた上で育休を取得させていただきます。

また、本の出版や会社の黒字化がきっかけで、自分自身が2010年頃から10年かけて実施してきた活動も一つの区切りを感じています。

2021年は、2030年に向けて、これからどんな価値観が求められるのか、何を生み出していくか、じっくりと考えつつ、育児の合間をぬってブログやSNSを通してこれまでの活動で得た知恵を情報発信していこうと思います。

2月以降の私への連絡等は各種SNSまたは本ブログのお問い合わせページよりお願いします。打ち合わせなどはリモート、もしくは奥多摩町内のみでの対応になりますが、ご理解のほどよろしくお願いします。

▼土の時代から風の時代へのパスポート▼

著書:自分の地域をつくる ワーク・ライフ・プレイ ミックス