多摩で働く、副業・複業・リモートワークなどの多様化する働き方マガジン「BALL.」の創刊号に弊社菅原のインタビュー記事が掲載されました。

「仕事か、遊びか。そもそも境界線は必要か?」というテーマで奥多摩での生き方を語っています。

本雑誌では 「はずむように働こう」をコンセプトに多摩エリアの地域資源を仕事にする会社や人を特集。

多摩の仕事を知り体験する機会を提供することで、多摩で働き、多摩で暮らす新しい生き方・働き方を提案されています。

会社員やフリーランスに捉われないこれからの働き方や人生、自分のサスティナビリティを考える情報誌です。

ご興味がある方はぜひご覧ください。

■けやき出版 “BALL” WEBページhttps://baaall.tokyo/about/